白州の尾白の湯と塩サイダー

スポンサーリンク

image

昨日は白州の尾白の湯(おじらのゆ)

おじろのゆ、ではなく、おじらのゆ
よく間違えてしまう^^;

フロントで受付のお姉さんからこの塩サイダーを頂いた♫
なんかのキャンペーン?

甘いようなショッパイような不思議な味。

image

大浴場の入り口には名水。
入浴前には水分補給が必須ですね。

尾白の湯の最大のウリはやっぱり茶色の露天風呂。

以下ベルガ公式サイトから引用
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 この源泉「赤湯」は、地下深部から毎分160リットル湧出してくる湧出温度39.5度、溶存成分1キログラム中3万ミリグラムを超える日本最高級超高濃度温泉です。
温泉法による有効成分基準値の溶存成分総計の約30倍、バリウムイオン30倍、リチウムイオン20倍、ストロンチウム10倍、臭素イオン10倍、メタホー酸5倍、ヨー素イオン2倍という極めて多様な濃度の高いミネラルを含有する。
豊臣秀吉が愛した日本三大名湯「有馬温泉」型の濃い天然温泉です。超高濃度温泉型のなかでも、この「赤湯」の源泉は、バリウムイオン、ストロンチウムイオンが特に濃い、きわめてユニークで貴重な天然温泉です。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>