チューリップの球根を掘り上げしてネットに保存した

スポンサーリンク

image

葉っぱが枯れたので球根の掘り上げの時期到来。

image

大小いろんな球根が出てくる。

image

新聞紙に広げてちょっと乾燥。

image

球根の保存用に取っといたネット。

image

本当は分球してたり小さくて軽い球根は処分した方が良いのだけど
モッタイナイので全部一応保存。

image

日陰の風通しの良い場所に保存。

スポンサーリンク

チューリップの球根の保存のまとめ

私は上記のようにいいい加減な球根の掘り上げと保存だけど
ここに一応チューリップの球根の保存の仕方をまとめてみます。

1,咲き終わったら花を切り取る
2,そのまま放置
3,葉や茎が枯れたら掘り上げる。
4,日陰に新聞紙の上で軽く乾燥させる。
5,重くて大きい球根を選ぶ。
6,みかんのネットなどに入れて風通しの良い冷暗所で保存。

私は分球したものも小さいものもそのまま保存。
ダメ元で植えてます。
チューリップは堀り忘れや放ったらかしでも咲くのでけっこう
強い花なんじゃないかと思います。

秋の終わりに球根を植えて長くて寒い冬を越したチューリップの小さい
緑の葉がチョコンと土から顔を出してるのを発見した時は
なんとも嬉しいですよね♫

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする