ただスーパーで一緒に買い物すること

スポンサーリンク

連日子供の虐待事件が報道される度に胸が潰れそうになる。

ドキドキして血圧に悪いので報道をめにしな
いようにしてる。

ずっと前ショッピングモールで親子で買い物
していたら偶然友人に遭遇した。

彼女の勤務先は養護施設。
親が育てられない子どもたちを養育している。
その時彼女は高校を卒業して養護施設から
旅立っていく女の子と買い物をしていた。
新生活で必要なものを買いに来たのだという。

あとで聞いた話なんだけど
ショッピングモールの吹き抜けの二階から
一階の買い物客をなんとなく眺めていた彼女たち。

友人がこどもと一緒の私を発見。
「せんせいの友達とそのこどもだよ」
というと、

「私もいつか結婚してこどもができたら
あんなふうにスーパーに一緒に買物に行くのが夢」

随分前のことだけど
あの女の子は今どうしているだろうか。
時々思い出す。
その後の人生、幸多かれと願う。

友人の話では今の養護施設は親のいない子
は少数でほとんどが親が養育できない子どもたち。

中でも虐待されてた子どもたちも多いという。
背中に刀傷がある子
体中にタバコの痕の子
いろいろ聞いたけど。。。

こどもは存在するだけで無条件に愛される
もののはずなのに。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする