雨の日はWi-Fiの繋がりが悪くなる降雨減衰

スポンサーリンク

早朝は雨が降っていた。

やっぱり雨の日はWi-Fiの繋がりがイマイチだー
とウッドデッキから室内のデスクトップに戻るダーリン。

ダーリンはほぼ半分はウッドデッキでノートPCで仕事してる。
デスクトップに向かう時間より多いかも。

iU1t4zL3GLmZpNm1535429673_1535429747

スポンサーリンク

降雨減衰

降雨減衰って調べると色々出てくるけど
身内に電波の専門の仕事をしてるのがいて
彼に聞くと、、、
ほっとくと延々に詳しく難しく説明される
ので○×△□???

超簡単に言って!と聞くと

電波は、

「雨や雪などの水分に当たると吸収される」

という性質があって
電波が弱まる可能性がある。

雨粒の大きさが電波の波長と同じくらいに
なると雨粒がレンズの役割を果たして電波を
吸収したり散乱させてしまって電波が弱まる
というのが降雨減衰。
集中豪雨の時などに見られるらしい。

特にテレビの衛星放送なんかは地上と衛星の
距離が長いので特に顕著らしい。
もちろん放送局側としても対策はしてあって
実際は降雨減衰はめったに起こらないけど
無くすことはできないらしい。

今朝のダーリンのような電波状況の悪さは
外のウッドデッキでPCをやってたから。

自宅のWi-Fiは、家の中で飛んでいる電波
だから天気に影響されることは少ないない。
だけど家の中に無線LANルーターがあって、
窓を経由して外で受信している場合は、
「雨や雪などの水分に当たると吸収される」
という性質上電波が弱くなるということが
起こるらしい。
にほんブログ村 主婦日記ブログ 専業主婦へ

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする