鹿とか動物の目が夜光る理由

スポンサーリンク

image

大好きな家具工房「いっぴん工房」さんがオープンしている時は
玄関前に鹿さんがいる。

でも今日は何故か鹿さんがお庭にお散歩してる?
image

本物の鹿さんも昼間お散歩してくれれば怖くないけど
通常は夜お散歩するからギョッとする。

注意してると目がキラっと光るから分かるけど
うっかりしてると車のすぐ目の前ってこと実に多し^^;

スポンサーリンク

動物の目が夜になると光る理由

鹿に限らずキツネもタヌキも猫もみんな夜になると目が光る。
その理由を調べてみた。

まず、目が光る動物の多くは夜行性。
で、網膜の裏側に「輝板(タペタム)」という組織を持っており、
反射板のようになっている。
タペタムで反射された光は、眼に入ってきた僅かな弱い光でも増幅
するようになっている。
夜行性の動物はタペタムという素晴らしい機能を持ってるから夜でも
僅かな光を利用して行動できるというわけ。

ちなみに人間の目にはタペタムはないそうです。

夜行性の動物はこんな機能があるから生きていけるのねー
でも闇夜に光る眼はやっぱり怖いよぉ~

あれ??
昨晩みたイノシシの目は光ってなかった!

で、調べてみた。

イノシシは本来昼行性で夜行性ではないとのこと。
夜の方が人間に追われないために夜行動することが
多いらしい。

イノシシも生きていくには大変だねぇ。
よく見えなくても食べ物探さなきゃなんないんだもん。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする