悲しみが癒やされる日がホワイトデー

スポンサーリンク

東日本大震災311の3日後実家の母が亡くなった。

そう3月14日ホワイトデーに。

毎年3月になると311の震災の時の報道
があちこちでされるようになる。

母と最後に会話したのが震災のあった日。

そっちは揺れた?
こっちは大丈夫だよ
怖かったねー

お互いの様子を確認して一安心。

だけどその翌日に母は倒れた。

そして
ホワイトデーの夜に天国へ旅立った。

なので私の中では震災と母がリンクして
3月は悲しい月。
沈んでしまう。

だけど

D55B2933-950F-42ED-A43A-10E4D4B5CD83

だけどこんなふうに
母の命日でもあるホワイトデーに友人や
ダーリンに大好きな美味しいお菓子をい
っぱい貰って楽しくお喋りしていると

あの余震が続く中、
高速道路を車をぶっ飛ばして病院へ向か
った

あの時の悲しい記憶が
ホワイトデーの夜の笑い声や

とりとめないお喋りで

優しい時間が流れ癒されて行く。

母が天国に旅立ったのが

ホワイトデーでよかった。

悲しい記憶が美味しい楽しい記憶に

書き換えられるから。

ところで、
友人から頂いたお煎餅が絶品のこのお店の
ホームページが、、???
う、う、◯翼???
見ればわかるけど
かなり引くけど^^;
怖いけど❗️
近寄りたくないけど^^;

お煎餅は最高に美味しい!
播磨屋本店
思想と販売ページが一緒になったホームページ見たことない。
ある意味勇気があってすごい。

にほんブログ村 主婦日記ブログ 専業主婦へ
にほんブログ村

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加